2018年より、市民活動への助成金事業がスタートします。

賞の趣旨
仙台みどりと風の会に寄せられた芳志をもとに、仙台のまちづくりを長きにわたって支え、先導してきた市民活動の成果をたたえ、今後のさらなる活動の活性化を願って「仙台みどりと風の会 市民活動応援賞」を設けることとなりました。
設置の期間
2018年~2022年の5か年間(予定)
応募資格・条件
仙台市内及びその近郊において、以下の特色を持った活動をおおむね3年以上継続しているグループもしくは団体
  • 仙台が抱える諸課題に対し、先駆的な解決策を探り実践しているもの
  • 地域活動において、若い世代と高齢世代の融合を図り、連携した活動を長期にわたり実践しているもの
  • 地域の諸団体が連携し、長期的に地域課題の解決に取り組んでいるもの
賞金
各団体の活動に応じ、10万~30万円(年間5団体程度を予定)
応募方法
所定の様式に必要事項を記入の上、レターパックライトにて下記の仙台みどりと風の会事務局あて、締切日までに送付する。(当日消印有効)
募集期間
平成30年7月1日~平成30年9月30日
推薦枠
福祉、環境、子ども、文化、教育、まちおこし等の市民活動の現場に精通するもの5名以内を市民活動推薦委員として委嘱し、委員1名につき1件の推薦枠を設けます。
選考方法
第一次選考(書類選考)を通過した団体を対象に、第二次選考(プレゼンテーション及びヒアリング・公開)を行います。
  • 第一次選考予定日 平成30年10月23日(火)
  • 第二次選考予定日 平成30年11月29日(木)
選考委員
仙台の市民活動に知見の深い有識者等及び仙台みどりと風の会役員
選考結果の発表
12月初旬
応募書類の取り扱い
応募書類に記載の内容は、本事業の目的以外には使用せず、また個人情報の取扱いは適切に行い、第3者への提供はいたしません。
応募・問い合わせ先
〒981-0901 仙台市青葉区北根黒松10-11
仙台みどりと風の会 事務局
TEL / FAX 022-233-4550

選考委員会委員

委員長

宮原 育子(宮城学院女子大学現代ビジネス学部学部長・教授)

副委員長

佐藤 慎也(山形大学地域教育文化学部教授)

委員

岩動 志乃夫(東北学院大学地域構想学科教授)
奥山 恵美子(仙台みどりと風の会会長)
白木 進(仙台みどりと風の会顧問)